東久留米の東京住建について

賃貸か一戸建て住宅かという論争が起きることがありますが、現在では一戸建て住宅の方が有利だと言われることがあります。それは、老後に2,000万円必要だという金融庁の発表が出たからです。もしも老後の資金が不足して銀行から融資を求めたとしても、持ち家でなければ借り入れができないことがあります。そのため、一戸建て住宅建設に注目が集まるのです。

■注文住宅を建てるのであれば

理想の住まいを実現するのであれば注文住宅という選択を取る人がいます。たしかに住宅展示場で売られている家や建売住宅などは気軽かもしれませんが、自分の求める生活を100%叶えるものとなるとなかなか難しいです。どこかしらで妥協をしなければいけないポイントが見つかってしまうことも多く、一生の住まいを不本意な気持ちで住まなければいけない可能性が生まれてしまうのです。

しかし、東久留米発の東京住建では、注文住宅の設計ノウハウが積み上げられているため、多くのユーザーの願望を叶えることができます。どのポイントに一番こだわりたいのかということをいち早くキャッチしてくれるため、スムーズに家づくりをすることが出来るのです。また、東京住建は機能面だけでなくデザイン面やコスト面、アフターケアに至るまで自社内で完結するため非常にわかりやすいです。

■ファーストヒアリングの重要性

東京住建は東久留米から全国区の不動産会社にまで上り詰めました。その理由のひとつにはヒアリングの重要性を知っているというところが挙げられるでしょう。東京住建は、施工主の気持ちを最大限に実現させようという気持ちが強い企業です。そのため、理想の家のイメージがどのようなものなのかを、まず最初の顔合わせの段階で聞き取りします。そうすることによって多くのイマジネーションが広がるのです。

もしも施工主にぼんやりとしたイメージしかないという場合でも、作品集や3Dモデリングなどの資料がありますので、それを参考にしてイメージを膨らませることも可能です。どちらにしても、その理想の住まいが施工主の望んでいるものと合致するように導いてくれる担当者の存在がいるため、安心して任せることが出来ます。

■施工主と二人三脚で進む企業

注文住宅を建てる際には東久留米から生まれた東京住建が良いとされています。何故なら、この企業は注文住宅を建てるために必要な「施工主の気持ちを汲む能力」に優れているためです。さらに、家づくりに必要なデザインや機能面、コストを削減する力、アフターケアといった部分にも長けていると言われています。そのため、多くの人に愛されているのです。

また、東京住建はファーストヒアリングを大切にしています。施工主の要望を汲むために、まず最大限理想を語ってもらうのです。悪質な不動産会社の場合は施工主の希望を聞き入れず、自分たちの都合だけで話を進めてしまうこともあると言われていますが、あくまで主役は施工主。そのため、しっかりとイメージを膨らませてもらうのです。

株式会社東京住建のオープンイノベーション情報|eiicon