東久留米がふるさとの東京住建

「良い家」とはどのようなものなのでしょうか。その基準はきっと人それぞれだと思います。しかし、共通して言えるのは、ユーザーに対して真摯に取り組む姿勢を持たない業者と手を組んでしまえば、その後のリスクが飛躍的に高まるということです。では、ユーザーと信頼関係を結べるような業者とはどのようなところを指すのでしょうか。

■断熱性能について
注文住宅の建築で培ったノウハウを潤沢に使っていると言われている東久留米出身東京住建の分譲住宅「ジオ・ステージ」こちらは多くの高い住宅性能が魅力的だとされています。その中でも、断熱性能には目を見張るものがあるのです。家の快適性は断熱性能で決まるといっても過言ではないほど重要なものとなっています。断熱性能が低い家は冬は寒く、夏は暑いため不快であるだけでなく健康被害が高まるリスクも孕んでいるのです。

その点ジオ・ステージは断熱材にグラスウールを50mm以上も使用しています。そのため、外気温の影響を受けにくいのです。こうした特徴は冷暖房の効率を向上させます。そうすることによって、理想の気温に素早く近づけるだけではなく省エネ効果が高まるため家計にも優しい家になるのです。こうした観点から、断熱性能は重要だということが出来るのです。

■アフターサービスについて
家は建築が終わればすべてハッピーエンドというわけではありません。むしろ、ここからが本番だと言っても良いでしょう。一見素晴らしいように見えた家でも、住み始めたら欠陥だらけというリスクを避けるためにも、建築会社にはアフターサービスが充実していることが望まれます。つまり、一生付き合えるような信頼関係の持てる会社と付き合いを持つことが重要になっているのです。

東久留米出身の東京住建は定期点検を建築した後も行なっています。それは、建ててしまえば付き合いが終わりというものではなく、ユーザーがそこから安心して暮らしていけるようにという配慮です。主要構造部分の不具合は10年保証となっているため、対応してもらうことが出来ますし、定期点検の中で早期発見することによって早期解決に繋がっていきます。もちろん、リフォームなどの相談もすることが出来るのです。

■快適で安心な家づくり
断熱性能が高いことで東久留米出身東京住建のジオ・ステージは知られています。注文住宅の建築で培ったノウハウを使っているため、断熱材にはグラスウールを50mm使用しているのです。そのため、真夏でも真冬でも快適な室内環境を保つことが出来ます。冷暖房の利きも良くなるため、光熱費が下がる傾向にあるというのも魅力的です。

また、アフターサービスにも注目しましょう。東京住建は定期的な点検を行なっているため、トラブルが起きても迅速に対応することができます。そうすることによってユーザーやその家族の安心な暮らしを守ることが出来るのです。主要構造体については10年間の保証がついているため、何かあってもすぐに保証して貰えば良いので信頼感があります。