東京住建の家が愛されている理由とは?

2019年は激動の年でした。特に秋口に襲来した台風の被害は甚大で、普段はそういった被害の少ない千葉県内でも沢山の被害が出ました。そういった震災の被害が起こるたびに考えさせられるのが、現在住んでいる家の強度やある場所です。今後その場所で生活していて安全と言えますか?

■賃貸のメリット

バブルの頃のようにマイホームが絶対的な憧れではなくなってしまった影響もあり、死ぬまで一生賃貸でもよいという方が増えております。賃貸のメリットは身軽さです。

好きなタイミングで色々な所に居住スペースを移動することができると言ったメリットがあります。例えば今回の災害などでは、川に近い場所であったり、高度が低い位置にあるような家が被害を受けました。賃貸でしたら、好きなエリアを選ぶことができますので災害が起こりにくい場所に引っ越すことができます。近隣トラブルなどの時にも移動しやすいメリットもあります。

■持ち家のメリット

持ち家のメリットは、生涯かけて住み続けられるという事です。賃貸の場合には、ご年配になった時に家を借りるのが難しくなるといったことも考えられます。その点、持ち家でしたらそういった心配がありません。

また、最新の家は災害に非常に強い構造になっております。その為、建てる場所さえしっかりと選べば大きな震災でも十分に対応することができます。太陽光発電を取り入れている家でしたら、停電しても太陽光発電システムに切り替えることによってしっかりと電気を使用することができます。電気がないために寒さや暑さなどで命を落とす心配がないということです。水さえ確保しておけば、一般的な住居よりも長く生きながらえることができます。

■信頼できる住宅メーカー

持ち家を持つ際には、必ず信頼できる住宅メーカーを選ぶ必要があります。夕方のニュースなどでは、リーズナブルな価格に飛びついた人が欠陥住宅に住み続けなければいけなくて悩んでいるようなニュースが何度も放映されています。高い買い物ですので信頼できるメーカーを見つけることはとても重要になってくるのです。多くの住宅メーカーの中でも信頼度の高さに定評があるのが東京住建です。東京住建は、東久留米を拠点にしている住宅メーカーですが、元々は不動産業からの転身という事もあり、非常に建てる人の考えを理解し寄り添ってくれる住宅メーカーです。その為、一般的なトラブルなどのリスクが非常に少ない事でも有名です。

また、東京住建が手掛ける住居は、非常に住みやすく安全性が高い事でも評価されております。同レベルの住宅と比較してかなりリーズナブルでコストパフォーマンスが高い事でも知られております。予算に合わせて満足度の高い住居を用意してもらえますので、予算が少ないから満足度の低いマイホームしか持てないといった心配も必要ありません。大手メーカーのように知名度はありませんが、東京住建は信頼度と満足度など実際に住み始めてから感じることができる良さがあります。もしマイホームをお考えでしたら東京住建に相談してみることをおすすめします。